わくわく♪アウトドア

心が疲れた時は「焚き火」がオススメ!

焚き火

昭和の時代…小生が子どもの頃の秋の風物詩と云えば「焚き火」。

 

広場や庭先で焚き火をする風景がよく見られた。落ち葉を集めて新聞紙に火をつけて落ち葉に着火する。もくもくと上がる煙の匂いは決して良い匂いではないが、何故か懐かしい。

 

落ち葉には未だ水分が残っており燃えづらいので、火の上に被せると煙の量が倍増する。

当然のことながら、焼きイモをしている人もいた。

令和の現在は庭先で焚き火なんてもってのほかww

キャンプ場にでも行かなければ焚き火は出来ない(TдT)

焚き火には人の心を癒やす不思議な力があるのになぁ。

 

炎を見ているだけでも十分に癒やされるのだが、焚き火の音が加わると更に効果は倍増する。

この炎の揺らぎもパチパチといった心地よい音も、気軽には聞けなくなってしまったのが残念だ。

…っということで!キャンプしに行こっかなぁ…焚き火を楽しむために。炎は人の心を癒やしてくれるから!

アウトドア&フィッシング ナチュラム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA