アウトドアショップ

被災時の買い出し…では、手遅れです!日常での備蓄を考えよう!

2018年9月6日未明、北海道で大きな地震が発生しました。

私が、朝起きて、いつものようにテレビをつけると…そこには、被災地の悲惨な状況が流れていました。

各テレビ局も、番組内容を変更して、北海道地震関連の報道に切り替わっていました。

 

その番組の中で…

被災地では、スーパーやコンビニなどに”買い出し”に来る長蛇の列がありました。

皆さん何が買えるか分からないけれども、とにかく買い出しに来た方々が多いようです。

そこで考えたこと…

防災の日が過ぎたばかりですが、常々、防災に関しては備蓄が必要だと言われています。

もちろん、かなり高いレベルで備蓄をしている方もおられますが、殆どの人々は、懐中電灯やペットボトル水程度の準備しかしていないか、まったく備えていないか…といったレベルであることがうかがえます。

 

災害が発生してから買い出しに行っても、必要な物が手に入る人は限られてしまいます。言うまでもなく店にある商品の在庫には限りがありますから。

それが、水であったり、食料であったりと生きるために必要な物であれば、「買えない」では済まされないのです。

 

今や、日本のどこに住んでいようが、都会だろうが田舎だろうが、いつどんな災害に遭うか分からないのです。それでも人は「自分は大丈夫」と考えてしまうものです。

でも今や「自分は大丈夫」ではない…ということを出来るだけ多くの人に分かっていただきたいです。

「今まで無かったから」というのは、「大丈夫」の根拠にはならないのです。いつ何が起こるか分からないのが自然というものなのですから。

 

だから、今度こそ、その考え方を改めて下さい!

地球上で、自然災害の影響を受けない場所などというところは皆無なのです!

 

平素から出来る範囲での対策は行っておくべきです。防災グッズの備蓄もその1つです。

水、食料、明かり、防寒対策などなど…出来る限り最大限の準備を心掛けましょう。

 

まずは「水」。今回の北海道の地震でも、水道管が破裂したりして飲み水が無いところも多いようです。合わせて北海道の約半数の電力供給源である発電所が停止してしまって、電気も使えないようです。

最近はオール電化の家も増えているので、電気が使えないのはつらいです。そのためか、震災後、スーパーやホームセンターなどではカセットコンロの購入者が多いとのことです。

水とカセットコンロがあれば、とりあえず空腹は凌げます。それに簡易トイレも必要でしょう。水が使えないということは水洗トイレはoutですから。

電気が使えないと、スマホに関連して電話会社のアンテナも機能しないので、情報が入りません。こんな時こそ、昔ながらのラジオが力を発揮します。

 

こういった機会毎に、防災用品の備蓄について考え直し、優先順位をつけて自分なりのチェックリストを作って備蓄品の準備をしておくことが大切です。

>>>防災用品チェックリスト

 

 

 

 

コメントを残す